よくある質問 < 売却 >

baikyaku_bunner.png

Q1.売出価格ってどうやって決めるのですか?

不動産会社が提示する「査定価格」を参考にして、売主が決めるケースが一般的です。「希望価格」と「査定価格」に差がある場合は、不動産会社の担当者と十分にお打ち合わせ下さい。

Q2住みながら売却はできますか?

もちろん可能です。ただ、一般的に居住中の物件は空き家より売却に時間が掛かることが多いです。

Q3.折込広告や住宅情報紙への掲載など、広告の実費は誰が負担するのですか?

折込広告は部数によりご相談となります。住宅情報誌、インターネットへの掲載は当社が全てが負担します。

Q4.売却代金はいつもらえますか?

原則的に名義変更がある最終代金決済時に支払われます。契約時契約時5~10%位の手付金をお預かりしますが、原則仲介業者である不動産会社が一時預かります。

Q5.買主さんは、いつ見に来ますか?

事前にお約束した日時に、不動産会社の担当者と一緒に見にきます。

Q6.売却しても住宅ローンが完済できません。どうすればいいですか?

当社が責任を持って金融機関と交渉しお客様の満足いく解決策をご用意いたします。

Q7.近所に知られたくありません。広告なしで売却可能ですか?

インターネットは興味のある人が見る媒体ですので、インターネットを活用した販売方法が最適です。ピタットハウスでは、買いたい方へのアピールも万全です。ピタットハウスのホームページでもアピールできます。また当社独自ネットワークを利用して、売却する方法もあります。いずれにしても不当社担当者と遠慮なく相談下さい。

Q8.内装に手を入れていません。リフォームは必要ですか?

一般的には、リフォームは必要ありません。ただし、印象を良くすることで、早期の売却が実現することもあります。当社は年間数十件の住宅リフォームを行ってます、お気軽に相談してみて下さい

Q9.カギを預けなくてはいけませんか?

居住中の場合は必要ありません。空家の場合は、当社に預けてしまった方が、煩わしくありません。鍵の管理は責任を持って行います。

Q10.住宅ローンの返済を止めてしまったのですが...

住宅ローンの返済をとめられた場合、一定の期間の後金融機関等から裁判所へ不動産強制売却(競売)を申立てられますのでお早めに当社へご相談下さい。

Q11.買換え先が未完成で、先に自宅が売れてしまったらどうなるのですか?

ご契約の条件調整のなかで一番重要な問題です。仮住まいが必要なケースや、購入検討者に引渡しをお待ちいただくケースなどがあり、一概には言えません。売主様、買主様の調整は私たちにお任せ下さい。

Q12.エアコンに不具合があります。事前に修理が必要ですか?

ご契約の時に、「附帯設備表および物件状況等報告書」を使ってエアコン等設備の状況を確認しあうよう不動産会社が段取りします。この時に事前修理するか撤去するか決める必要があります。

Q13.夫婦で共有名義になっています。特別な手続きが必要ですか?

契約書の締結や登記手続に必要な書類の調印などは、原則として本人が行う必要があります。そのため、実印や印鑑証明などを、それぞれ用意する必要があります。

Q14.売る前に準備するものを教えて下さい。

売却相談は、所有不動産の詳細が分かるものを準備すると、相談がスムーズに進みます。  権利証(担当者が、所有不動産の面積や名義人を確認するために必要です)

 分譲時のパンフレット

 土地の測量図面や建物の図面など


Q15.売るときに必要な諸費用は?

諸費用の額は、売却する不動産により異なります。主な内容は以下のとおりです。  譲渡所得税・住民税(売却して利益が出る場合) ※各種、優遇税制があります。詳細は担当者に聞いてみましょう。   仲介手数料(消費税別途)

 印紙代(売買契約書に貼付する印紙です)

 住宅ローン返済関連(抵当権抹消費用・司法書士手数料など)

Q16.裁判所から競売申立の書類が届きました、どうすればいいですか?

すぐに当社へご連絡下さい!直ちに対応しないとあなたのご自宅は競売にて第三者に強制売却となります。当社は債権者様との交渉を得意としております。専門のスタッフもおりますので是非ご相談だけでも結構です!まずはお電話を